カテゴリ:パリ( 219 )

思い出すわぁ〜。

先日、パリで散々お世話になりっぱなし&迷惑かけ通しだったM子さんと、久しぶりにデートした♡しかも、愛娘A子ちゃんも一緒♡♡♡。あぁーん、めちゃめちゃ可愛かったよー。M子さんに良く似てたわぁ〜。(´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり)
お肌とかツルッツルで、ずーっと良い子にしてて、『子というものは、やはり親の背中を見て育つのだなぁ...。』と実感した次第。いやぁ、それにしても、私のこと相当アヤシイ人だと思っただろうなぁ、A子ちゃん(苦笑)。
M子さん、タイトなスケジュールの中、時間割いてわざわざ会いに来てくれて、本当にありがとう!スゴく楽しかったよー。ただ、あのモウレツな蚊の襲来には参ったね(笑)。

さてさて、そんな楽しいデートの後。

「そう言えば、パリの部屋を引き払う時、『帰国売り』をM子さんに(これまた散々...。)手伝ってもらったっけ...。嗚呼、懐かしや...。」

なーんて、ふと思い出した私。

そこでひらめいちゃったんだよねー!(ΦωΦ)ふふふ・・・・

いや、実は、私事で恐縮ですが、今大規模な部屋の模様替え中でして...。(って、その実、まだそこへ至っておらず、不要品の処分やらで精一杯なんっすけどね。(;´д`)トホホ)
要らん本とか、服とか、雑貨やらが、溢れかえっとるワケです、家中に(泣)。そして、玄関には粗大ゴミとか(号泣)。

で、捨てるばかりじゃなく、『帰国売り』の時みたいに、試しに売れそうなものを売ってみようじゃないか!と、思いついたワケですよー!(まぁ、そんなにスゴいことを思いついた訳じゃないのは重々承知だけどさっ。( ̄‥ ̄)=3 フン)

そういえば、以前、「あなたがこれまでAmazonで買ったものを、今度は売ってみませんか?(うろ覚えだけど、要するにそういうコトなワケよ!)」などという、一人の客から何度も金を徴収しようとする、それはそれはあくど過ぎるAmazonの搾取システムに、何度か囁かれたことがあったっけな〜。ま、あくどいにも程があるっちゃーあるんだけど、ネットオークションとかは面倒くさいし、もうもう、この際部屋が片付くなら(そんでもって、ちょいとばかし小遣い稼ぎになるなら...←本音はやっぱこれ。)、手数料ぼったくりでもまぁいいさ...、とAmazonに幾つか要らん本を出してみた。

出品する際、これまでの購入履歴を穴があく程、そりゃ〜もうマジマジと見たんだけど、いやぁ〜我ながら、こりゃ相当Amazonの売り上げに貢献してるな...と、ちょっと恐ろしくなってしまうほど買いもんしてたわ...。いや、そりゃあもっとスゴい人は山ほどいらっしゃるのは承知の上だけど、それでも私にしたらやっぱり驚きの購入履歴だったワケっすよ。

それに、これは自戒の意味も込めて、思い切って告白する訳ですが、今回売りに出した本のほとんどは、買っただけで読んでへんとか(しかもかなりの高額本...。)、1回読んだだけ、とかだから、本当にスゴい勿体無いことしたなーと...。反省しきりですわ。

それというのも、実はつい最近まで、気になる本は必ず買って読んでたんですわ、私。でも、ちょっと気になるくらいの本なら、何も買わずとも、図書館でちょいと借りて来ればよかったんだよね。なんでそれにもっと早く気が付かなかったんだろう?やっぱり、職業病ってヤツなんでせうか?

「気になる本は取りあえず買っとけ」っていう病気(笑)。

まぁまぁ、そんなこんなで無事(?)数冊を出品して、そんなすぐには売れへんやろ、とは思いつつ、実は一日中気になって気になってしゃーなかった私(笑)。

「やっぱり、出品したその日に注文が来るなんて、そんなワケ無いよね...。」と半ば諦めかけていたところへ、来たのよぉーっ!しかも立て続けに二つの注文がぁっ!
きゃー、嬉しい!おまけに一冊は結構な高額本。( ̄▽ ̄) ニヤ
パリの帰国売りの売り上げを、たった一冊の本であっさり抜いてしまったわ、M子さぁ〜ん...。
よっしゃー、これで、今週東急のランチに行って来る!

帰国売りも、問い合わせがあったり、本当に物が売れた時は、それはそれは嬉しかったっけ。楽しかったなぁ。あぁ、そんなM子さんも今では一児の母。感慨深いっす。川*'O')ノヤッホー♪
[PR]
by getty-ih | 2010-10-05 04:00 | パリ

巻寿司ってス、テ、キ!

巴里乃宮滞在時、M子さんとY子ちゃんをMちゃん家に呼んで、寿司パーティーをした。私は相変わらず、手っ取り早いちらし寿司(しかも寿司太郎的なヤツ)と、アンディーブとリンゴのサラダを作っただけだったような...。

ところが、M子さんは何と巻寿司を作ってくれたのよー!!!嬉し買ったし、めちゃくちゃ美味しかった!
うーん、巻寿司って、ス、テ、キ!M子さんには、今回も色んなおいしいお料理を作ってもらったのだ。幸せだったなー。本当にいつもありがとう!

そして、Y子ちゃんはY子ちゃんで、何と、私の大好物だった「パンオショコラアマンド」と美味しいタルトを持って来てくれたという!何と素晴らしい!(実はその前の日に、懐かしさのあまり前に住んでいた辺り-つまりY子ちゃんが住んでいる辺-をブラブラしたんだけれど、その時にそのパンを求めて行きつけだったパン屋にも行ってみたのよー。ところが、残念なことにそのパンは無かったという...(T_T)。)もう食べられないと思っていたので、本当に嬉しかった。Y子ちゃん、ホントにホントにどうもありがとう。

と、まぁ、そんなワケで、巻寿司に対する見方が180°変わったパーティーだったのでした。
本当にみんなありがとう。<(_ _)>
[PR]
by getty-ih | 2008-09-28 06:00 | パリ

巴里乃宮では、M子さんにくっ付いてバレエのレッスンに行ってみた。初回は女の先生で、素敵だったし、クラスの皆さんもフレンドリーでとっても楽しかったんだけれども、如何せん、クラスのレベルが高すぎて、哀しい哉、全然付いて行けなかった。

しかしへこたれずに、もう一度、今度は別の先生のクラスに参加してみた。これが、ダミ声のおっちゃんで(笑)、何でも玉三郎を知ってるとか何とか。
バーレッスンをかなりみっちりやるカンジで、相変わらず私は付いて行けなかったけれど、先生が面白くて、とても楽しくレッスンに出来た。いやー、全てはM子さんのお陰なのだ。本当にありがとう!

ちなみに、倫敦でもレッスンに参加する気満々だったんだけれども(学会に参加していた他の皆様方に、「バレエのオープンクラスに参加するつもりなんですけど、如何せん発表原稿がまだで...。」なんて言ってたら、えらく驚いていたのが何だかとっても印象的だったわ。そんなに不思議だったかしらん?)、ナンダカンダで時間が無くなってしまって、結局、次回の為にスタジオの場所を確認しただけで終わってしまった。残念。

あと、やはり巴里乃宮で気に入ったウェアを買っておけば良かったと、今更ながら激しく後悔。シューズは巴里乃宮でも倫敦でも結構良いのが見つかったので満足してるけど...。

いやー、今度また巴里乃宮に行ったら、あのダミ声の先生のクラスに出たいな。M子さん、その時はまた宜しく!
[PR]
by getty-ih | 2008-09-28 05:46 | パリ

巴里乃宮在住のお友達のY子ちゃんが企画したフリーペーパーが、この度めでたく創刊されました。
記念すべき第1号を送って来てくれたんだけど、これがとっても素敵で、大感激!
渡仏後数ヶ月で自分の企画を現実のものとした彼女の才能とバイタリティーに、ただただ感服するばかり。Y子ちゃん、おめでとう!スゴいです!!!

私もY子ちゃんを見習って、自分の目標実現の為にちゃんと計画を立てて、且つ、その計画をきちんと実行して行かねば!

このフリーペーパーですが、名前は"CALM&PUNK"と言います。
(偶然ですが、私も自分が"CALM"であるコトや、そんな気分になるモノ・環境と、それとは一見対極にあるように思える"PUNK"が大好きです。私の頼りにならない記憶が正しければ、確か、バンドでパンク音楽はやったこと無いと思うけど、その一歩手前(?)のグラムロックはよくカバーしたり、自分たちで作って演奏していたもんです。今でも好き♡)

さて、このステキなフリーペーパーですが、パリ、ロンドン、ベルリン、他ヨーロッパ諸都市の主要店舗で配布されているそうです。が、日本国内では入手が少々困難なようです。

しかぁ〜し!!!
心配御無用っ!


Y子ちゃんからの情報によると、以下のサイトでPDFファイルがダウンロード出来るそうです。


http://www.hellogas.com/2008/01/calm-punk.php

皆さん、一度ご覧あれ!『ステキな世界大発見』間違い無し!

その他、こちらのサイトの他のページも素敵で楽しかったので、一見の価値有りです。
アートやワクワクが好きな方は是非。
[PR]
by getty-ih | 2008-02-01 14:39 | パリ

荷物届いた也。

今朝、巴里乃宮から送っていた別送品が届いた。所要期間、2ヶ月とちょっと、ってところか。クリスマスシーズンに引っ掛かっちゃったからだと思うけど、そうでなければもっと早かったんだろうな。

デザート用のチョコとかさ、ヒマラヤの塩とかさ(巴里乃宮からの荷物なのに何故?(笑))、色々入れてたからさ、待ってたんだよ〜!

ま、無事に届いてなにより。宅配便はやっぱり便利で、安心だなぁ。あ、7kgまでならColissimoもお薦めだけど。
[PR]
by getty-ih | 2007-12-27 22:50 | パリ

私は重量オーバーを心配しつつ、巴里乃宮で使っていたお買い物カートを日本まで持って帰って来た。と言うか、もはや「連れて帰って来た」というカンジなんだけどさ。

巴里乃宮でやっと定住する場所が決まって、確か初めて買った日用品がこの「お買い物カート」であった。巴里乃宮では一人暮らし、重い買い物袋をもってくれるダンナはいない、ってことですぐさま買いに行ったことを今でも覚えている。

このカート、本当に大活躍してくれた。牛乳まとめ買いも、マルシェでのお買い物もドーンと来い!だった。M子さんとこのカートを引っ張ってマルシェに行ったことは、本当に良い思い出である。

帰国当日の朝もColissimoをもう一つ送る必要が生じたため、急遽、このカートに適当に荷物を詰め込んで郵便局へ行った。

雨の日も、晴れの日も、買い溜めする時には、いつもこのカートを引っ張って出掛けた。
使わない時には、玄関の片隅に置かれていたこのカート。
この紅いお買い物カートは、いわば私の巴里乃宮でのパートナーのようなものであったのかもしれない。

幸い、無事預け荷物として日本まで持って帰って来ることが出来た。
今、この紅いカートは、遥々海を越え、山を越えて、日本の我が家の玄関の片隅にちょこんと鎮座している。私がこのカートを引っ張って近所にお買い物に出掛けたとしても、誰もこの平凡なカートが、まさか遥々巴里乃宮からやって来たシロモノなどとは思わないだろう。

特別洒落てる訳でもないし、特別便利な機能がある訳でもない。単に、沢山お買い物をした時に便利なだけのカート。手に重い買い物袋をさげて歩くよりはずっと楽だけれど、それでも沢山買い物をすれば結構な労力も必要なカート。

でもでも、なーんか愛しいのである。
私の巴里乃宮での生活を支えてくれた、大事な仲間なんである。私の巴里乃宮での日々はこのカートの中につまっているんである。

今度はしばらく日本で活躍してもらおうと思う。これからもよろしく頼んだぜ。
[PR]
by getty-ih | 2007-10-31 17:18 | パリ

今朝Colissimoが届いた。
帰国前日と当日の朝にそれぞれ送ったのだが、航空便とはいえ、やたら早く届いたもんだと少々感激した。正直、無事に届くかどうかも甚だ疑問だったので、何時になろうとも届きさえすれば御の字だと思っていた。実際小包を出す時には、まぁ届かなかったその時には、キッパリ諦めるしか無いだろうな、と腹を括っていた。

家の近所の郵便局が優秀であったのか、それとも私がツイているのかは不明だが、何はともあれ良かった。Y子ちゃん(Oさんと呼ぶよりも、彼女の下の名前に「ちゃん付け」の方が可愛いので、ご本人の了承を得ずに「ちゃん付け」にしちゃった私。Y子ちゃんごめんなさい〜。)お薦めの石鹸も入ってるのだ。待ちかねていたんだよ。

ちなみに2箱送ったうちの1箱は日本側で開封され、再包装してあった。
後は気長に船便で送った荷物の到着を待つばかりである。ク○ネコさん、どうか宜しくお願い致します。<(_ _)>
[PR]
by getty-ih | 2007-10-30 11:47 | パリ

ダイジョウブ〜?

さて、とうとう今日は帰国当日。しかし、どうやらもう一つ小包を送らねばならない様子...。一体どうすんねん(泣)。フライトは午後の遅い時間だから、まぁ何とかなるとは思うけど、まだ部屋の掃除も出来てないよ...。

そんな中、ダンナはのんびり入浴中...。

帰国前は忙しくなるだろうとは想像していたけれど、いやーホントにヤバい。郵便局が空いていれば良いけどなぁ。あ、今思い出したけど、近所のお気に入りのパン屋さんに、これまたお気に入りのパンを注文してあったんだった!(何処まで食い意地張っとんねん!)おぉ〜、それも取りに行かなくちゃ。ま、きっと何とかなるでしょうよ。

何はともあれ、巴里乃宮での日々は楽しかった。巴里乃宮それ自体が楽しい場所かどうかは何とも言えんが(苦笑)、巴里乃宮で出会った人達はみんな楽しい人だったなぁ。皆さんのお陰です。特にお友達には大感謝。一昨日、昨日も、特に仲良しのお友達がちょいと家を覗いてくれて、最後に話が出来て本当に良かった。

帰国直前に訪れたパン屋さんやら、お友達にお願いして、自分の国の有名な、或は自分の得意料理を持って来てもらったパーティー時の料理の写真などなどは、帰国後にまったりとアップします。

巴里乃宮よ、しばしのお別れでござる。
[PR]
by getty-ih | 2007-10-25 13:53 | パリ

巴里乃宮、再見!

突然っすが、明日日本に帰りまする。

足掛け2年の巴里乃宮生活、楽しゅうございました。
この前の日曜日にはお別れパーティーをしまして、この部屋に何と16人がひしめき合いつつ、飲み食いしたという...。身動きが取れないとは、まさにあの日のこと...(笑)。

参加してくれたお友達、参加出来なかったお友達、みんな本当にありがとう。
ま、またすぐに戻って来ます〜。

ちなみに、フランス語が全く分からないうちのダンナですが、何故か皆と打ち解けていて(?)ちょいとビックリ。帰国したらフランス語習いに行く気になったらしい。そう願って止まないよ、私としても(笑)。
[PR]
by getty-ih | 2007-10-24 23:51 | パリ

私が空港でダンナを探すためにした苦労を、とくとくと言って聞かせた後、ダンナが言った一言。

私の怒りが更にヒートアップしたのは言うまでもない。何処までも人の気持ちを逆なでする男である。しかも、本人それに気が付いてないから尚始末が悪い。
[PR]
by getty-ih | 2007-10-22 22:06 | パリ