カテゴリ:きもの( 39 )

先月するはずだった子どもの七五三。
まず子が熱を出し、次に私が熱を出し、ってなカンジだった上に、出張やら何やらで土日がドンドン潰れてしまい、結局12月になってしもうた。子どもの着物の肩上げもちゃんとしてたのに...。

あ!

ちゃんとはしてなかった(苦笑)。

私は不器用なクセにガサツでいい加減なので、メジャーとかも使わず(笑)、子どもに着物をザックリ着せ、そんでもって適当なところで布を摘み、そしてこれまた適当にまち針をうって、もうひとつおまけに適当にザクザク縫ったため(着物は正絹じゃないし、遠慮はいらないのだ。)、どうも肩のあたりとか布がちょっとつっているような気がしていた。

が、そういうことは見えないことにしていた(笑)。

最近の生活サイクルの変化にともなって、伝統行事に対する考え方が変化しつつあるせいなのか、それとも、ド田舎とは違う、「それなりの都会」の寛容さとでも言うべきものなのか、だれも12月に七五三してても目くじらなんてたてないし(これがクッソ田舎とかだとそうはイカナイ筈。ホント、メンドクサイッスネーーー。('A`)ウヘァ)、それどころか、近所の神社に行く道すがら、何人ものおばあ様方やお姉様方からお祝いのお声を掛けていただいた。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

きっと、声をかけてくださった方々の中には、「あら、まぁ!肩上げ雑だねえ。」とか気づいてた方、いてはったと思うのだが、目を瞑ってくれはったのかな。そうであったなら、誠に有難い。っていうか、そういうことをチマチマ気にしてた私が実は一番田舎モンてことっすかね(笑)。

せっかく子どもにも着物買ったので、今度のお正月は私も久しぶりに着物を着ようと思っている次第。半襟とかどれにしようかなーとか、今からワクワク。とか言いつつ、長襦袢の下にはヒートテックとか着てるんっすけどね、その実。まぁ、冬は「暖かい」が正義ですわな。
[PR]
by getty-ih | 2016-12-14 04:39 | きもの

手芸三昧。

昨夜から今日の昼頃にかけて、まさに手芸三昧...。(って、単に眠くならなかったのと、かといってしたいこともなかったからなんだけど。)

手始めに、まずは某100円ショップの手芸キットを作成。これはフェルトのちょっとしたアクセで、不器用な私にも簡単だったために、あっという間に完成。が...。これがあまりにも呆気なく出来てしまったせいで、何となく消化不良気味に...。結果、「もうちょっとなんか作りたいなぁ。」ってなワケで、この後怒濤のチクチクワールドへ突入(笑)。

本当は半衿付けたり、可愛い小物を作ったりしたかったんだが、残念なことに(苦笑)、ダンナの革の鞄の裏地が破れていたのを思い出してしまった。そして、更に残念なことに(苦笑)、丁度それ用にしじら織のハギレを買って来ていたため、この際ジタバタせずに素直に修繕することにした(笑)。本当はこの鞄を購入した鞄屋さんに修理を依頼するつもりだったらしいが、何となく私でも直せそうな気がしたので、ま、モノは試しってコトで。

おそらく、鞄屋さんに持ち込んだら、当然裏地は全て張り替えることになるから、ファスナーとかも外して、鞄自体もある程度解いて...ってなカンジで、大工事(!)になると予想される。

が。

私ゃ素人なんで、もちろんそんなことはしませんよ〜。(ま、しようったって、無理だし(笑)。)
ってなワケで、まずは、裏地のほつれた部分を豪快に切ってしまった。だって、放って置くと増々ほつれるし、第一何か邪魔なんで(笑)。とにかく、テキトーにザクザクと切り取ってみた(もちろん定規なんざぁ使わずに)。ステキ!フリーハンド!
で、そのままだと流石にあんまりなんで、切った端をこれまたテキトーにかがって、そこへ、更にテキトーにフリーハンドで(爆)切り抜いたしじら織のハギレを(一応四隅はちゃんと三つ折りにしてかがってみました...。最後の良心(笑)。)縫い付けてみた。

結果:
「あら。結構良いカンジじゃん。また破れても、これならまた直せるわ。」
って位には直せたような。ダンナよ、今度は大切に使ってくれ。

次に、ずっと作りたかった袖クリップっていうか、袂留めっていうか、襷もどきを作成。
サスペンダーはさほどいじらなくてもすぐ出来ちゃいそうだし、ネットとか見てると、やっぱり帽子クリップでも作ってみたくなっちゃったので、結局帽子クリップも新たに買ってきた。今回はそれを使って、自分のとダンナの分を作成。

今回近所のダ○ソーで買ってきた帽子クリップは、クリップを繋いでいる部分が普通の平紐だったので、幅の広めのヘアゴムを縫い足すことにした。このヘアゴムは格子模様の平たいタイプなので、和物には向いているカンジ。

まずは、帽子クリップの紐を半分の長さの所で切る。この紐はポリだったので、端っこをライターで軽く炙ってほつれどめしておく。そして、そこにヘアゴムを縫い付ける。で、これで一応出来上がりなんだけど、ついでにクリップ部分にネイル用のシールを貼ってみた。まぁ、気持ちってヤツだな。(本当に気持ち程度の変化しか及ぼさなかった...。)

このあたりで、流石に寝ないとまずいかな、と思ったので無理矢理寝てみた。
[PR]
by getty-ih | 2010-02-02 21:48 | きもの

さて、今日(あ、既に昨日になっちゃってたか。)ダンナの羽織紐を作ってみた。

最初は、昨日まで考えていたようにゴムひもで花結びを作ってみたのだが、あまりにも不格好で(泣)結局これはボツとなる...。

で、仕方ないので、取り急ぎビーズで作成してみた。
「色合いとかは地味だけど、まぁ良かろう...。」
そう思って、出来上がったブツをいざダンナの羽織に付けようとしたら...。

乳の部分が太めの紐で出来ていた為、カニカンがはまらなーい!

せっかく作ったのに、どうしよう...。

うーん、と無い知恵を絞って考えた結果、乳に丸カンを付けてみたらどうだろう?と思い付いた。
早速付けてみると、さほど目立ちもしないし、無事にカニカンも装着出来た。
一時はどうなることかと思ったけれど、まぁめでたしめでたし。

大切な羽織や着物を着る時にはダメだと思うけど、普段着だったらこれで何とかなるような気がする。
[PR]
by getty-ih | 2010-01-24 00:51 | きもの

昨日、やっとのことで社会生活に復帰し(笑)、近所のダ○ソーへ行って来た。
目的はただ一つ、羽織紐や袖クリップの材料を揃えるため。

結果、羽織紐はビーズのブレスレットで割と使えそうなものがあったので、サクッとゲットし、帰宅後すぐにそれをリフォームしてみた。長さと良い、手軽さと良い、なかなか良いカンジなんじゃなかろうか。

あと、羽織紐は「花結び」でも作れるなぁと思ったので、それ用の紐も仕入れておいた。まぁ、紐って言ったって、ゴムひもなんすけどね。(というのも、去年友達に貰った花結び<正確には中国結び>のチョーカーが、太めのゴムひもで作ってあって、しかもなかなか面白い風合いで、こんな風に出来るんなら、わざわざ花結び用の紐を買うまでもないかなぁーと思ったもので。)

問題は袖クリップ用のクリップ。

いや〜、袖クリップを作ろうと思い立ってから、「世の人々は、一体如何にして袖クリップなるモノを自作しておられるのだろう。」とめちゃくちゃググってみたんだけど(笑)、結果、かなりの人が「帽子留めクリップ」を流用しているということが判明した。でもさ、ネットでも触れている人が居たので、念のために確認してみたんだけど、(少なくともうちの近所のダ○ソーに置いてある)帽子留めクリップって、挟む所がギザギザになってるんだよなー。これだと、いくら私の着物が安モンだとはいえ、ちょっと傷んでしまいそうで、それはなんかイヤだなーと思ってたんっす。

散々店内を歩き回り、モノを挟む機能を持つと思われるものは凡そ全てチェックしてみた。
が...。
うーん。どれも今イチ。決め手に欠ける...。
と、ところが...!!!最後の最後に見つけましたよ...。

それは、何を隠そう、

サスペンダー。

って、大袈裟な(微笑)。
でも、これ、クリップの挟む部分はギザギザじゃないし、それでいて挟む力はなかなかしっかりしている。なんたって、これはそもそもズリ落ちては困るモノを吊り下げる為のものなんだからさっ。機能面では文句の付けようがないじゃーん!おまけに、これは子供用だから(偶々子供用しかなかっただけなんすけどもねー。)、ゴムの長さも袖クリップに丁度良さげ(爆)。って、こんなに「大発見!」みたいに騒いでますが、とっくにそれ使てるわ、って人もいるんだろうけどさ。

それにしても、このサスペンダー。色んな意味で袖クリップにピッタリなので、チョコチョコっといじるだけですぐに袖クリップになってしまいそう。なーんか、一生懸命にデザイン画を描いてみたりしたけれど、あの努力は一体何だったのか...。ま、いっか。使えそうなものが見つかったってことで。
[PR]
by getty-ih | 2010-01-23 07:49 | きもの

眠れないので...。

今日も今日とて、朝まで眠れず(泣)。

あまりにも眠れないので、着物の『袖クリップ』(何だか呼び方は色々あるようですが、基本的に、帯のお太鼓に通して、たすき代わりに袂を留めるものを指すようです。)のデザイン画というか、設計図(笑)というか、そんなようなものを作成しておりやした。

あーでもない、こーでもない、と試行錯誤しつつ、これ一つで三通りくらいの使い方をしたいのと、不器用な私でも簡単に作れるよう(苦笑)単純な構造を目指しデザインしてみました。

今日は必要な材料を入手出来なかったので、まだ試作品は出来てませんが、何とか思い描いた通りのものが作れれば良いなぁと思っとります。上手く出来たら、ダンナにも一つ作ってやろうかと。まぁ、希望的観測ですが(笑)。
[PR]
by getty-ih | 2010-01-20 18:09 | きもの

で、次は羽織紐。

次はビーズで羽織紐を作ろうと思う。

あ、帯留めもビーズで作れば良いのか。

羽織紐作る時にお揃いで作ってみるか。
[PR]
by getty-ih | 2010-01-18 21:36 | きもの

先のブログ内容に補足。

先程、「帯留めを作った〜!」とブログりましたが、念のためにちょいと補足を。

この帯留め、単に、「箸置き」とか、その他帯留めになりそうな「お気に入りのパーツ」を『帯留め金具』に接着剤で貼付けるだけ、という超簡単なシロモノです。(そんなこたぁ、言われなくたって分かってらぁ〜などと言われそうだけど、まぁ念のため(笑)。)

私は今回、某100円ショップで入手した『陶器製の箸置き』と『粘土パーツの薔薇』を帯留めにしてみました。(例の透明ガラスの箸置きは、やはりもう一工夫必要なので、まだ保留中です(泣)。)

陶器製の箸置きの柄は葡萄で、季節としてはおそらく秋頃のもの。でも、葡萄ってのは確か縁起物で、おめでたい席とかでは年中有りだったはずなので、私は季節なんぞ完全無視して(笑)着けるつもりっ!ヽ(`⌒´)ノ

薔薇は、赤いのと濃いめの水色のを一つずつ買ってきてたので、それぞれ金と銀の金具に接着。(これの赤の方がずれたんだよなぁ〜。(;´д`))結構デカイので、シンプルなモノトーンの小紋に合わせようと思っている。

そうそう、前にブログった、『くるみボタン』の帯留めも活躍中。これ作るの簡単なのに、意外に使える!
その構造から、帯からちょっと浮いちゃうんじゃないかな〜という心配をしていたものの、全くの杞憂でした。これ、そのままでヘアゴムにもなるし(ってか、本来こっちの使い方がデフォルトか。)、変わり結びする時にもこれで縛るだけでちょっとした飾りになるし、ホント優れモノ。ゴムを取ってピンを付けたら(否、ひょっとしたら、ゴムを取らずとも、ピンの付け方を工夫すれば、そのままでピンを付けるのも可能かもしれん。)、ブローチ代わりにもなるから、ショールを留めたり、そのままバッグに付けても可愛いはず。オォ〜ほんっとに便利!今のところ、私は家にあったアンティークのハギレとか、リバティプリントの余りとかで作ってるんだけど、他にも素敵な布が欲しい...。先日の呉服市で可愛いハギレが入手出来なかったのは、本当に残念至極っす...(泣)。
[PR]
by getty-ih | 2010-01-18 21:25 | きもの

性格が出ます(苦笑)。

帯留め金具をやっと手に入れたので、早速、ずっと作りたかった帯留めを幾つか作ってみた。

が...。

ちゃんと確かめたはずなのに、接着面が微妙にずれているものが...(泣)。

あぁ...

いい加減な性格って

こんな所にも

出るのねー(泣)。


が、「ま、でも見えないからいっか。」などと、結局呑気に考えているあたり、これまたいい加減な性格なんっすな。あー、何処までもいい加減な私。(;´д`)トホホ
[PR]
by getty-ih | 2010-01-18 18:47 | きもの

買い物は楽しい。

最近、地元の百貨店のほとんどで「大呉服市」が催されていたので、少し前にウキウキしつつ出かけて行った。名古屋駅周辺しか廻れなかった為、栄の方は分からないけれど、名○百貨店の呉服市は結構良かった。

私のお目当ては、帯留め金具やハギレ、三分紐、そしてアンティーク or リサイクル着物、おまけに羽織。ただ、着物と羽織に関しては、私は身丈も裄丈も標準よりも長いので、なかなか良いものを見つけるのは難しいだろうなぁと思ってはいた。このサイズのせいで、着物や羽織はアンティークどころか、リサイクルでも見つけるのはなかなか難しいのだ(泣)。況んやアンティークをや...。アンティーク大好きなのに、本当に哀しいのである(号泣)。

実際、素敵な羽織なんかもあるにはあったものの、アンティークだと袖口や裾の汚れがやはり結構気になるもので、粘って数店舗廻ってみたものの、結局「これ!」というものには出会えなかった。ま、そもそもサイズだって合わないんっすけどねっ...。(哀しい負け惜しみぢゃありません (T_T)...。)

ところが、最初に行った名○百貨店で、買うつもりなんて全く無かった半幅帯を購入。でも、この半幅帯、ほんと良いカンジなんっす。しかし、それはそもそも、とある粋なマダム(名○百貨店か、出店していたいずれかの呉服屋の販売員さん)のお陰なのであった。

私がダンナそっちのけで博多献上とかをうっとり見ていたら、その粋な販売員のマダムが、私の風呂敷バッグに目を付けて、まずはぼんやりと突っ立っていたダンナに話しかけてきたらしい。その後、彼女は私の所へやって来るや、そのいい加減な風呂敷バッグを「良いアイデアだ!」と、褒めそやして(笑)くれた(お恥ずかしい限りなんっすけども...。)。実は、彼女も同じ風呂敷を持っていて、彼女はテーブルクロスとして使っているとのこと。と、まぁそんなワケで、それから色々と彼女が相談に乗ってくれ、お薦め品などを紹介してくれたのである。

結果、彼女自身が買おうと思っていた男物の浴衣をダンナがゲット。彼女と一緒に接客してくれた名○の店員さんも良い方で、一緒にサイズなどを丁寧に見てくれ、本当に良い買い物が出来た。で、ダンナがサイズを見てもらっているうちに、私がその近くにあったコーナーで半幅帯を二本ゲット。派手めなタイプと地味めなタイプという両極端なモノだけど、まぁ手持ちの着物とそれなりに合わせやすそうだし、とても気に入っている。マダムのお陰で素敵な買い物が出来て、大満足の二人であった。

その後は、高○屋でアンティークの三分紐と真田紐をゲット。
最終的に、ハギレは今ひとつ気に入ったものが見つからなかったが、帯留め金具は無事入手。

「あぁ、お買い物って楽しい!」

心からそう思った一日であった。
[PR]
by getty-ih | 2010-01-18 18:25 | きもの

皆さんすごいなぁ。

先日、可愛い箸置きを見つけた(って、ダイソーだけど(笑))。幸い帯留め金具もあるし、いっちょ、これで帯留めなんぞ作ってみるか?と考えた。

が、待てよ。

この箸置き、透明ガラスで出来ている。帯留め金具に付けたら、金具丸見えになっちゃうじゃん!
どうするかなぁ...とガッカリしつつも、取りあえずググってみた。

いやぁ、皆さん、色んな工夫してるのね!
すごいわー。ちょっと感動した。

残念ながら、肝心の箸置きをどうするか、ってことにはまだ結論が出てないんだけど(多分石座を使うと思う)、クルミボタンを使った簡単帯留めってのを発見したので、まずはこれから始めて見ようと思い立った。

で、早速、クルミボタンセットを、またもやダイソーで(笑)買ってきた。いやー、ダイソー、アンタもすごいわ。何でもあるなぁ、ホントに。ビックリするわ。

私は半幅帯が大好きで、これで色んな結び方をするのにどっぷりハマっとるんですが、この半幅帯結び、ちょいちょいゴムで縛って羽を作ったり、リボン作ったり、ってコトがあるでしょ(って、他の帯でも、まぁ一緒か。)。で、そういう時に、可愛いクルミボタンで結んだりなんかしたら、もうそれだけで素敵じゃーん!キャー!しかも、しかも、これはまた、そのまま帯留めにもなっちゃうのよーっ!
ブラボー!(* ̄0 ̄*)ノ ブラボォー!!

それにしても、世の中スゴい人一杯ですな。
有り難く、アイデア活用致します。<(_ _)>
[PR]
by getty-ih | 2009-12-31 02:20 | きもの