長くなっちゃたので、こちらに返信しておきますね。

manyanaさん、コメントありがとうございます!
確かに、「自分探し」という言葉には、私もちょっとひっかかったというか、うーん...と思ってしまいました。manyanaさんのおっしゃること、良く分ります。そうだなぁって思いました。
でも、それはやっぱり人各々で、何も言えないなぁとも思ってしまいます。「探したい人」はやはり探しに行ってしまうんだろう...と。(かなり悲観的に、です。)
かく言う私も、「自分探し」ではありませんでしたが、湾岸戦争時に、日本を出国する(そして、危険と目されていたある地域に行くということで...)、ということがありました。
周りの人間は、家族も含めて大反対でしたが、自分が長年温めて来た目標の成否がかかっていたので、結局意志を通して、出発してしまいました。こういう風に、頑固者も、危険を顧みずに行動してしまう傾向がありますよね...。(自戒の念も込めて...。)

話が逸れてしまいましたが...。
この香田さんの一件に関するmanyanaさんのコメントから、私は次の2点について改めて考えました。

一つ目は、まず、多くの人々にとって、戦争や死というものが、やはり余り現実味を持っていないのだろう、という事。そのために、そういった事象は、常に他人の事としてのみ認識される傾向が高くて、自分の身にも充分起こりうるのだと想像することが困難である、という事。(恥を忍んで告白しますが、何を隠そう、私自身もこの部類にキッチリ含まれていると思っています。)

二つ目は、「善」とか「偽善」に関してなんですが...。
ネットで見つけた「行動しない善より行動する偽善」という言葉について-
まず、果たして、行動している本人は、「善」か「偽善」か意識しているだろうか、そういうことを考えているだろうか、という疑問。そして、また、そういった線引きをする必要性があるのだろうかという疑問。例えば、ある人の行動が仮に「偽善」であったとしても、本人がそう認識していなければ、それを「偽善」と称する事は、私には無意味なような気がします。それに、危険な地域に足を踏み入れて救援活動をする、といった事態において、何処までの覚悟をしているかも、人によって大きく異なっているように思えて仕方ありません。

しかしながら、この「行動しない...」の言葉を受けて、私が言いたかったのは、「偽善」が悪いと言う事では決してなくて、「手を差し伸べる」こと自体にさえも、現代社会の歪みを垣間見てしまう、ということだったのかもしれません。「助ける側」と「助けられる側」の関係とか(なーんか、支配者側と被支配者側の体のイイ言い換えのような気がしてならない。穿った見方だとは思うんですけど...。)、「助ける側」がよかれと思ってしている事は、果たして本当に「助けられる側」が望んでいる事だろうか?とか...。なんだか、どうしても「啓蒙的」に思えて、「助ける側」のある種、傲慢な自己満足の上にその関係が成り立っているように感じられてしまうんですよ。考え過ぎかもしれないですけど...。(長くなってしまうので、ここでは割愛しちゃいますが、仕事柄、海外でかなり貧しい地域に分け入ったりしなきゃならない事があるんです。それで、自分自身のそういった地域での経験から色々と思う所があって...。なんだか、うまく言えないんですけども...。すいません!)

ただ、今回の件では(実際は、この事件に限らず、色んな場面で、なんですが。)、"Curiosity killed the cat"という言葉を、どうしても私は思い浮かべてしまうんです。人間にとって、命が一番大切だというのは、誰しも否定しようのない事だと思います。でも、同時に、それと同等に、或いはそれ以上に人間を突き動かすものも確かに存在していて、時にはそれによって命を賭してまで行動してしまうのも、これまたやはり、他ならぬ人間であろうと思うのです。
それは、あたかも「破壊する事では何も生まれない」ことを重々承知していながら、「新しいものを生み出すためには、この地を破壊しなければならないのだ」と宣い、ファルージャで新たに無辜の人々を殺し始めている人間達のことのようでもあります。

私は人の命の前では、どんな思想も霞んでしまうと思います。いや、霞まなければならんのじゃないか?と思います。命が本当に一番大切なものであるならば。でも、思想の為に喜んで死を選ぶ人々がいるのも事実です。

「善い」「悪い」といったことも、所詮は我々人間が自分勝手に決めている事。今の世の中を見ていると、何かを信じる事さえ恐ろしくなってしまいます。(ちょっと、悲観的すぎるかもしれないですね。)「世の中まだまだ捨てたもんじゃない!」と思える事がありますように、そう祈らずにはいられない今日この頃です。
[PR]
by getty-ih | 2004-11-11 07:44