果実酢を作った後の果肉の使い道。

果実酢を作る時、果実を酢に漬け込み、しばらくしたら取り出せ、とあるんだけど(レシピによって異なってはいるけれども、まぁ大体10日とか二週間くらいで取り出せ、とある。)、その取り出した果実の使い道については、色々とググってみても、どうも通り一遍のことしか書かれていない。ヨーグルトに入れて、とか、スムージーにしてみろ、とか、ジャムにしてみろ、とか。

試しに豆乳かけたり、ヨーグルトに入れてみたりしたけれど、酸味がきつすぎて非常にツラい。じゃあ、ってんで、ジャムにしてみたところで、やはり根底に残るあの強烈な酸っぱさは消えず、なかなかこれを完食するのもツラい。いくら酸っぱい物好きの我が家とはいえ、なかなかの苦行(苦笑)。

でも、かといって、食べ物を捨てるのは肯んぜず。

が、しばらく前に取り出した「レモンサワーのレモンを砂糖で煮た物」をずっと持て余していた私は、最近になってふと、めちゃくちゃいい使い道を思いついた。一体それは何かというと、このレモンの果肉をドレッシングの材料に使うこと。

ってなわけで、思い付いたら、すぐ実験!!!

ドレッシング?なーんだ、ってカンジですが、よくよく考えてみると、これは非常に理に適った使い道。むしろ、どうして今まで気づかなかったのか、ってなもんですよ。

ドレッシングには当然お酢を使うし、お砂糖もちょこっと入れる。レモン汁を入れたり、レモンの皮を削って風味付けすることだってある。ってなわけで、とりわけレモンドレッシングを作るには、このレモンサワーから取り出した果肉をつかうのがピッタリ!お〜、素晴らしい〜。(完全なる自己満足(笑)。)おそらく、他の果実でも、大体ドレッシングには合うはずなので、試してみる価値ありだと思う。少なくとも私は実験してみるつもり(笑)。

実験結果は、もちろん大成功!

ずっと冷蔵庫で寝かされて、おそらくレモンの酸味と砂糖の甘味がいい具合に馴染んでいたということも有るんだろうけど、少しだけ柿酢を足して、後は適当に作ってみたドレッシングなのに、とても美味しかった!レモンは小さく刻んでいたので、酸味が気になることもなく、むしろ、レモンの爽やかな香りが立って、美味しかった!
すりおろした玉ねぎを入れても良さそう。

きっとイチゴでもおいしいドレッシングが出来る気がする。
今度イチゴ酢を作ったら、絶対に挑戦する。( ̄ε=‥=з ̄) フンー

食い気は様々な困難を乗り越えていくのですね(笑)。
[PR]
by getty-ih | 2015-05-08 13:48 | お料理&グルメ