レモンエキストラクト完成。

近所のスーパーで買った広島レモン。
さて、これで何作ろう、と思い、考えること数日。

まずは「レモンとココナッツのケーキ」を焼いてみた。
甘さ控えめすぎたけれども、まぁそれはそれ。無事(?)家族の胃袋の中へと消えていった。

あぁ、それでもまだレモンがあるぞ...。

ってことで、作ったのが、レモンエキストラクトとレモンの砂糖漬け。

レモンエキストラクトは、レモンとココナッツのケーキを作る前に仕込んでおけばよかった...と、出来上がったその香りをクンクンしてから後悔したほど、とてもよい香りで、作って本当に良かったと思う。実にスバラシい、爽やかな香り。まるで新鮮なレモンが目の前にあるような、それくらい香りの立ちが良い。これ、火を通しても消えなければいいな。

それにしても、レモンエキストラクトは偉大だ。ただレモンの皮をホワイトリカーにぶっ込んでただけなのに、こんなにも「ザ・レモン!」ってな香り。今度レモンのケーキを作る時には、絶対にこのレモンエキストラクトを入れるぞー。

さて、そんなレモンエキストラクトの方は大体5,6日漬け込む必要が有る一方、レモンの砂糖漬けは漬け込んだ翌日から食べられるそうな。

というわけで、我が家では、漬け込んだ翌日から早速ダンナが食べているようだ。
私は人生において、さほど酸味を必要としないタイプなので、今んとこ全然実の方は食べていないが、シロップはパンケーキに垂らしてみたりして、ちょっと味見をした。結果、こちらのシロップも、エキストラクトに負けず劣らず爽やかで良い風味なので、冷菓にでも使おうかな、と思っている。

レモンエキストラクトが、こんなにもあっけなく、しかもイイカンジにできちゃったんで、今度はバニラエキストラクトを作ってみようかな、と調子づいている私。
あとは、自家製酵母にも興味が有るんだけれど、でも、冷蔵庫にどんどん瓶が増えていくのは困りモノ。酵母の方は涼しくなってからにしたほうがいいのかもしれんね。
[PR]
by getty-ih | 2013-07-02 01:15 | お料理&グルメ